闘うサラリーマンことmikeyが興味を持つものが日々綴られてゆく情報ポータルブログです。2010年のセミリタイアライフを目指し日々奮闘中!さらなる出会いを求めてミクシィ始めました。ミクシィネイムはmarioです。


by mikey2010
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:訴訟・法律 ( 57 ) タグの人気記事

仙台地裁古川支部の神野泰一裁判官(34)=当時=が今年2月、ひき逃げ事件の判決で、法律上適用できない「禁固刑」を言い渡していたことが6日分かった。検察側がミスに気付いたが、閉廷後は判決の訂正が出来ないため、3月に仙台高裁に控訴している。
 同地裁によると、神野裁判官は2月28日、業務上過失致死と道交法違反(ひき逃げ)の罪に問われた宮城県栗原市の男性被告(74)に、禁固3年、執行猶予3年(求刑・懲役3年)を言い渡した。しかし併合罪の規定では、罰則の重い道交法違反の罪を優先して懲役刑を科さなければならず、禁固刑は適用できない。検察側はミスに気付いたが、閉廷後だった。
 神野裁判官は97年任官。同地裁は「被害者を死亡させた結果を重視して、懲役刑と禁固刑を選べる業過致死罪を優先させてしまったのかもしれない。あってはならないことで、再発防止に努めたい」と話している。
 懲役刑には刑務所内での労役があり、禁固刑には労役がないという違いがある。【青木純】
(毎日新聞) - 6月7日3時11分更新
[PR]
by mikey2010 | 2006-06-07 12:16 | *_*法律・訴訟・トラブル
http://sato555.com/
[PR]
by mikey2010 | 2006-05-28 08:14 | *_*投資信託・債券
 自民党の杉村太蔵衆院議員がインターネットの自らのブログで予備校講師の著作を一部盗用し、指摘を受けて削除したことが23日明らかになった。
 杉村氏が盗用したのは元暴走族で知られる人気予備校講師吉野敬介氏の著作「やっぱりお前はバカじゃない」の一節。5月10日付のブログで19歳のころに思い悩んで自殺も考えていたエピソードを紹介した中で、「何度も死のうと思った。真冬の大雪山に車で行って、凍死を試みた」などと吉野氏の著作を用いた。 
(時事通信) - 5月23日15時1分更新
[PR]
by mikey2010 | 2006-05-24 08:34 | *_*雑記帳
 テレビタレントとしても活躍している橋下徹弁護士(36)が大阪国税局の税務調査を受け、平成十六年末までの三年間で、約二千五百万円の申告漏れを指摘されていたことが二十二日、分かった。同国税局は過少申告加算税など約一千万円を追徴し、橋下弁護士は修正申告に応じた。
 関係者によると、橋下弁護士はタレント活動に必要などとして、経費請求した飲食代などの一部について、領収書がないなど、実際に支払いがあったか確定できないものがあった。こうした領収書がない経費の申告について、国税局は経費処理を認めず、申告漏れとしたもようだ。
 所属芸能プロダクション「タイタン」(東京都)は、「一般的な税務調査で生じた見解の相違と聞いている」としている。
 橋下弁護士はテレビ番組「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)などにレギュラー出演し、多くの講演活動もこなしている。十七年五月に公示された高額納税者番付では約千四百六十三万円を納め、初登場した。
(産経新聞) - 5月23日3時10分更新
[PR]
by mikey2010 | 2006-05-23 11:43 | *_*雑記帳

駐禁取り締まりの対処法

 6月1日から全国270の警察署で駐禁取り締まりの民間委託がスタートする。総勢1600人の監視員が目を光らせ、たった1分でも車を離れたらアウト。違反金を取られてしまうというから恐ろしい。ドライバーはどう対処したらいいのか。交通違反問題を追い続けて23年、自らも駐車監視員の資格を取得した交通ジャーナリスト・今井亮一氏に聞いてみた。


●重点路線をチェック
「民間委託が行われるのは、都内では千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、渋谷区、豊島区、江戸川区の12区43署。この地域ではとくに気をつけてください。警視庁のホームページを見ると、各警察署ごとの『重点路線』『重点地域』『重点時間』が掲載されています。参考になるでしょう」

●スタート直後は要注意
「新制度がスタートする6月は、制度のアピールのために監視員がとくに力を入れるはずです。交通渋滞が深刻で問題化している繁華街などを重点的に巡回すると考えられます。TVカメラなどマスコミも引き連れている可能性があるので、6月はできるだけ慎重に」

●見張っていればOK
「新制度では、監視員が『確認標章』というステッカーを車に張った時点で駐車違反となります。このステッカーを張るまでに、監視員はデジカメで車の写真を3枚撮影し、標識から車までの距離を実測、車種や場所などの情報を携帯端末に入力しなければなりません。この作業に3~5分ほどかかるとみられます。この間に車に戻ればセーフ。また、運転手でなくても大人が乗っていれば大丈夫でしょう」

●違反点数がつかない
「これは対処法というより問題点ですが、ステッカーを張られた人が警察に出頭しなかった場合、車検手続き上の使用者に通知が届き、『反則金』と同額の『放置違反金』を銀行振り込みなどで支払うことになります。ただ、警察に出頭した場合と違って減点の切符を切られることがないので、カネさえ払えば何回違反してもゴールド免許のままということもあり得るのです」
(ゲンダイネット)【2006年5月15日掲載記事】
[PR]
by mikey2010 | 2006-05-18 11:01 | *_*法律・訴訟・トラブル
 日本国憲法が1947年に施行されてから3日で丸59年。自民、民主、公明の3党は党内で憲法改正論議を進め、改正手続きを定める国民投票法案についても、今国会での共同提出に向け協議が進んでおり、護憲路線を貫く共産、社民両党は危機感を募らせている。憲法は制定以来の大きな転機を迎えている。
 自民党は昨年11月の立党50年記念大会で「新憲法草案」を公表。「自衛軍」の保持を打ち出すとともに、新たに「国民の責務」の条項を設けるなど、公益重視の内容となった。党内には、さらに日本の歴史や伝統文化の尊重を明記した保守色の強い「第2次案」を求める声もある。
 民主党は昨年10月に改憲の考え方をまとめた「憲法提言」を公表。独自案策定に向け、4月から全国各地で国民の声を聴く「憲法対話集会」を開始した。安全保障問題で意見の異なる党内の改正慎重派とどう意見集約を図るかが課題だ。
(共同通信) - 5月2日18時49分更新
[PR]
by mikey2010 | 2006-05-03 08:55 | *_*雑記帳
 JR西日本による懲罰的な「日勤教育」で人格権を侵害されたとして、ジェーアール西日本労働組合(JR西労)に所属する運転士と車掌計264人が、同社に1人当たり100万円、総額2億6400万円の損害賠償を求める訴訟を、27日、大阪地裁に起こした。

 訴状などによると、原告らは、会社側からミスがあったなどとして日勤教育と呼ばれる再教育を課せられた際、多数の管理者に取り囲まれて罵声(ばせい)を浴びせられたり、教育内容や期間を管理者の一存で決められたりしたため、強い精神的圧迫を受けた、という。

 JR西日本は「訴状を見ていないのでコメントを差し控える」としている。
(読売新聞) - 4月27日11時57分更新
[PR]
by mikey2010 | 2006-04-27 13:12 | *_*法律・訴訟・トラブル