闘うサラリーマンことmikeyが興味を持つものが日々綴られてゆく情報ポータルブログです。2010年のセミリタイアライフを目指し日々奮闘中!さらなる出会いを求めてミクシィ始めました。ミクシィネイムはmarioです。


by mikey2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

弁護士 50年後に12万人超 日弁連が予測

 日本弁護士連合会は22日、司法試験合格者の増加に伴う弁護士人口の将来予測を発表した。現在の2万2000人余から、50年後の2056年には約5.6倍に当たる12万3484人にまで増えるとしている。国民772人に弁護士1人で、フランス(05年1488人)とドイツ(同623人)の間となるが、弁護士からは「これだけ増やす必要があるのか」との声も出ている。
 政府の司法制度改革審議会が01年6月の意見書で、2010年ごろには司法試験の合格者を3000人にまで増やすべきだと提言し、18年には法曹人口が5万人になると見込んでいた。日弁連はその後の合格者も3000人と仮定し、法曹資格取得者が43年後に引退するとの前提でシミュレーションした。
 これによると、弁護士人口は審議会の意見書と同じく18年に5万人を突破し、40年に10万人に到達。その後も増え続け、56年に新たな資格取得者と引退者の数が同じになるとしている。人口減少も考慮すると43年には弁護士1人当たりの国民数が1000人を切るという。
(毎日新聞) - 11月23日0時50分更新


*_* なんといっても国家資格の花形ですからねぇ
 時給も1万に相当するし、手にすべきは、技術と資格だね、やっぱり。

 国家試験かぁ・・・ これから、40代、50代になったとき、専門技能保持者は、再就職やら、独立やら、その後の基盤をつくれるよね。なにより資格者のみが行える独占業務だから、仕事は確保されてるよね。
 一サラリーマンという立場に甘んじていると、いざって時や、会社のさじ加減ひとつで、どうにでも消される立場じゃない。なにより加齢するたびに、将来が不安になるもの・・・。


 究極の投資・・・それは自己実現Self-actualization への投資 だと考えるね。


 -1- 健康・食への投資〔Health & Food 体と心、食の健康が今後の人生の長短を決める

 
-2- 教養への投資〔Culture 時代を敏感にキャッチしてチャンスを掴む

 
-3- 技能・資格への投資〔Skill & Qualification 能力・技術・資格はあらゆるシーンで身を助く

 
-4- 財産拡大
への投資〔Property 豊かなる自己実現へと導く源




バランスよくゲッチューしていくことを


                我が30代のテーマとする。


[PR]
by mikey2010 | 2006-11-23 16:17 | *_*法律・訴訟・トラブル