闘うサラリーマンことmikeyが興味を持つものが日々綴られてゆく情報ポータルブログです。2010年のセミリタイアライフを目指し日々奮闘中!さらなる出会いを求めてミクシィ始めました。ミクシィネイムはmarioです。


by mikey2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:科学技術 ( 4 ) タグの人気記事

 北海道函館市の名物「活イカ」を首都圏などでも食べてもらおうと、道立工業技術センター(函館市)などがスルメイカをパックに入れ、生きたまま輸送する新技術を開発、7月中旬から販売を始める予定。
 スルメイカは環境変化に弱く、自分の出す二酸化炭素や尿などで水が汚れる水槽などで生きられるのは1、2日。複数匹いるとストレスから互いにかみ合い、死んでしまうという問題点もある。このため、生きたまま刺し身にする活イカは、水揚げ地の函館近郊でしか食べられなかった。
 同センターなどは二酸化炭素の影響を抑える特殊な海水を開発した。長さ50センチのパックに海水3リットルとイカ1匹を入れ、空気注入口から酸素3リットルとともに密封。イカの活動が低下する5度で輸送することで、24時間は生きられるという。
 同センターは「この技術を他の魚介類にも応用したい」と意欲を見せている。
(共同通信) - 7月12日9時15分更新
[PR]
by mikey2010 | 2006-07-12 10:44 | *_*経済NEWS

カシオ新「EXILIM」

ついに1000万画素コンパクト

 コンパクトデジカメもついに1000万画素の大台に。カシオ計算機は4月26日、有効1010万画素CCDを搭載した「EXILIM ZOOM EX-Z1000」を5月下旬に発売する。「デジタル一眼レフカメラに迫る高精細の画像が撮れる」という。

 CCDサイズは1/1.8インチ(総画素数は1037万画素)。最大3648×2736ピクセルの画像を撮影できる。レンズは3倍ズーム(35ミリ換算で約38~114ミリ)。サイズは92.0(幅)×58.4(高さ)×22.4(厚さ)ミリの“手のひら”サイズだ。
 オープン価格で、実売予想価格は5万円前後。当初月産台数は15万台を予定している。
[PR]
by mikey2010 | 2006-04-27 13:07 | *_*企業NEWS
 マイクロソフトは4月20日、企業向けに年末に発売予定の「Office 2007」の概要をパートナー企業向けに公開した。各ソフトはユーザーインタフェース(UI)を一新し、使える機能をタブで切り替えて分かりやすく表示するようにしたほか、グラフ作成などのグラフィックス機能を10年ぶりに刷新するなど、3年ぶりのメジャーアップデートにふさわしい内容になりそうだ。

 Office 2007は、2003年10月に発売された現行製品「Office 2003」以来のメジャーバージョンアップ。中核となるワープロ「Word」、表計算「Excel」、プレゼンテーション「PowerPoint」、データベース「Access」のほか、Tablet PCの手書き機能を活用できる「OneNote」、「FrontPage」の後継製品となる「SharePoint Designer」、Microsoftが買収したP2Pコラボレーションソフト「Groove」などで構成される。

 各アプリケーションのセット製品のラインアップは「Standard」「Professional」「Professional Plus」「Enterprise」。含まれるアプリケーションは以下の通り。

製品名   アプリケーション
Standard   Word、Excel、PowerPoint、Outlook
Professional   Standard+Access、Publisher
Professional Plus   Professional+InfoPath
Enterprise   Professional Plus+Groove、OneNote
 
●「結果指向のUI」に

 WordやExcelなどの中核アプリケーションではUIを一新した。従来の「挿入」などのメニューをタブ化。このタブを切り替えると、タブ下の「リボン」と呼ぶ部分に必要なコンポーネントを表示・使用できる形にした。

「Officeに欲しい機能をユーザーに聞くと、10人中8~9人は既に実現されている機能を挙げる。つまり必要な機能が見つからないことが課題になってきた」──マイクロソフトインフォメーションワーカービジネス本部の田中道明マネージャはこう話す。1989年に発売された最初のWordに搭載されたコマンドは約100。これがWord 2003では約1500にまで増え、「10年以上前のUIでは困難」(田中氏)になってきた。

 タブ機能を、マイクロソフトは「結果指向のUI」と呼ぶ。例えばPowerPointの場合、タブは「スライド」「挿入」「デザイン」「アニメーション」「スライドショー」「校閲」「View」──を左から右に配置し、「スライド作成作業の流れに沿ってコマンドを整理した」(田中氏)。リボン内のコンポーネント配置はXMLで記述されており、カスタマイズが可能という。

 Office 2007では、Word、Excel、PowerPointでMicrosoftが推進するXMLドキュメント規格「OpenXML」ファイルフォーマットを採用する。各アプリケーション間でデータ交換を単純化し、連携を高めるのがねらいだ。

 ファイルの拡張子は「.docx」「.xlsx」「.pptx」と標準で末尾に「x」が付く。現行のファイル形式との互換性は維持し、新形式のファイルをOffice 2000/XP/2003でも「保存」「開く」が可能にする「File Format Compativility Pack」をOffice Updateなどから無償提供する予定という。

 WordやPowerPointから“公式”にPDF保存が可能になったのもOffice 2007の特徴だ。

 Office 2007は現在β1を配布中。4~6月期中にβ2をリリースする予定。企業向けボリュームライセンス販売は年末の予定だが、小売り製品はWindows Vistaと同様、2007年にずれ込むことを明らかにしている。
ITmediaニュース) - 4月21日6時49分更新
[PR]
by mikey2010 | 2006-04-21 11:39 | *_*企業NEWS

HDD誕生から50年

5Mバイトからのスタート


 PCやデジタルレコーダー、音楽プレーヤーに搭載されているハードディスクドライブ(HDD)。今年9月、世界初のHDDの登場から50周年を迎える。この間、HDDの記録容量は飛躍的に拡大。今や企業の業務データからデジカメで撮った個人の思い出まで、あらゆるデータを保存するために欠かせないキーデバイスになった。
f0079378_2121079.jpg
 HDDは、磁性体を塗ったディスクに磁気を利用して電子データを記録する。米IBMによる最初のHDD「RAMAC」(Random Access Method of Accounting and Control)が誕生したのは1956年9月13日。24インチ(約61センチ)のディスク×50枚という巨大な装置ながら、記録可能なデータ容量は5Mバイトに過ぎなかった。

ITmediaニュース) - 4月13日15時36分更新

More
[PR]
by mikey2010 | 2006-04-16 21:00 | *_*雑記帳