闘うサラリーマンことmikeyが興味を持つものが日々綴られてゆく情報ポータルブログです。2010年のセミリタイアライフを目指し日々奮闘中!さらなる出会いを求めてミクシィ始めました。ミクシィネイムはmarioです。


by mikey2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2006年 09月 ( 159 )   > この月の画像一覧

 インターネットの「オンラインゲーム」を巡り、ゲーム内で使う武器やアイテム(道具)などを実際に売買したり、現金に換えたりする「リアル・マネー・トレーディング(RMT)」と呼ばれる取引がネットを通じて広がり、金をだまし取られるなどの被害が相次いでいる。

 仮想世界の「架空の財産」を現実の世界でやりとりする国内のRMTの市場規模は年間150億円に上るとみられるが、法規制や明確なルールはなく、被害の拡大を懸念する声も出ている。

 RMTは、ゲームで敵を倒したりするために「早くレベルアップしたい」「高価な装備をそろえたい」といった理由で、利用者が増えている。メールなどで連絡を取り合い、買い主が代金を振り込んだ後、オンラインゲーム上に登場するキャラクターを通して、アイテムや武器を受け渡す形で“決済”される。
(読売新聞) - 9月30日15時38分更新
[PR]
by mikey2010 | 2006-09-30 16:20 | *_*社会・世相
 ライブドア(LD)事件で証券取引法違反罪に問われた前社長・堀江貴文被告(33)の第9回公判が29日、東京地裁で開かれ、弁護側は公訴の棄却を求めた。ホリエモンと、かつての盟友、元取締役・宮内亮治被告(39)=同罪で公判中=の直接対決5連戦は、最終ラウンドで思わぬ展開を見せた。

 証言を終えた宮内被告が退廷すると、堀江被告の弁護人が「証人・宮内の発言は矛盾に満ちている。本件起訴は公訴棄却されるべき」と主張。さらに検察側が宮内被告の業務上横領、特別背任を見逃す代わりに、粉飾決算への堀江被告への関与を供述させる司法取引を行ったと指摘した。

 そして、捜査の経緯を明らかにするために、東京地裁の大鶴基成特捜部長と、宮内被告の担当検事2人の計3人を証人として申請。小坂敏幸裁判長は、公訴棄却の申し立てについて「被告の無罪が前提で、実体審理を進める必要がある。現段階では判断しない」と述べ、証人申請については採用を留保した。

 堀江被告側の逆襲とも思える動きにについて、元東京地検特捜部長の宗像紀夫氏(中大法科大学院教授)は「司法取引による供述は証拠能力を持たない。宮内供述が堀江被告起訴の最重要証拠となっているだけに、無罪を主張する弁護側は勝負に出た」と指摘した。

 一方で、証人の採用については「特捜部長を証人申請することは異例で普通は採用されない。担当検事を出廷させるにも、弁護側は司法取引の存在を証明する物的証拠を提示しなければ」と実現は難しいとしている。
(スポーツ報知) - 9月30日8時1分更新
[PR]
by mikey2010 | 2006-09-30 11:19 | *_*法律・訴訟・トラブル

最終更新日時 : 2006年9月25日 午後12時0分
集計期間 : 2006年9月18日~2006年9月24日

順位 前回比 コード 名  称 サーチ率 関連情報
1 6501 (株)日立製作所 0.81 % チャート ・ 企業情報 ・ 掲示板 ・ レポート
2 4063 信越化学工業(株) 0.73 % チャート ・ 企業情報 ・ 掲示板 ・ レポート
3 1925 大和ハウス工業(株) 0.62 % チャート ・ 企業情報 ・ 掲示板 ・ レポート ・ 株主優待
4 1801 大成建設(株) 0.56 % チャート ・ 企業情報 ・ 掲示板 ・ レポート
4 8801 三井不動産(株) 0.56 % チャート ・ 企業情報 ・ 掲示板 ・ レポート
6 1924 パナホーム(株) 0.54 % チャート ・ 企業情報 ・ 掲示板 ・ レポート
6 6503 三菱電機(株) 0.54 % チャート ・ 企業情報 ・ 掲示板 ・ レポート
8 8830 住友不動産(株) 0.53 % チャート ・ 企業情報 ・ 掲示板 ・ レポート
9 4755 楽天(株) 0.52 % チャート ・ 企業情報 ・ 掲示板 ・ レポート
10 1812 鹿島 0.50 % チャート ・ 企業情報 ・ 掲示板 ・ レポート
10 1928 積水ハウス(株) 0.50 % チャート ・ 企業情報 ・ 掲示板 ・ レポート ・ 株主優待
10 5802 住友電気工業(株) 0.50 % チャート ・ 企業情報 ・ 掲示板 ・ レポート
10 6502 (株)東芝 0.50 % チャート ・ 企業情報 ・ 掲示板 ・ レポート
14 8802 三菱地所(株) 0.49 % チャート ・ 企業情報 ・ 掲示板 ・ レポート
15 3436 (株)SUMCO 0.48 % チャート ・ 企業情報 ・ 掲示板 ・ レポート
15 7203 トヨタ自動車(株) 0.48 % チャート ・ 企業情報 ・ 掲示板 ・ レポート
17 1803 清水建設(株) 0.46 % チャート ・ 企業情報 ・ 掲示板 ・ レポート
18 6758 ソニー(株) 0.44 % チャート ・ 企業情報 ・ 掲示板 ・ レポート
19 1802 (株)大林組 0.42 % チャート ・ 企業情報 ・ 掲示板 ・ レポート
20 5711 三菱マテリアル(株) 0.40 % チャート ・ 企業情報 ・ 掲示板 ・ レポート ・ 株主優待
21 6645 オムロン(株) 0.38 % チャート ・ 企業情報 ・ 掲示板 ・ レポート
22 9831 (株)ヤマダ電機 0.37 % チャート ・ 企業情報 ・ 掲示板 ・ レポート ・ 株主優待
23 5201 旭硝子(株) 0.36 % チャート ・ 企業情報 ・ 掲示板 ・ レポート
23 7974 任天堂(株) 0.36 % チャート ・ 企業情報 ・ 掲示板 ・ レポート
23 8267 イオン(株) 0.36 % チャート ・ 企業情報 ・ 掲示板 ・ レポート ・ 株主優待
26 4004 昭和電工(株) 0.34 % チャート ・ 企業情報 ・ 掲示板 ・ レポート
26 6665 エルピーダメモリ(株) 0.34 % チャート ・ 企業情報 ・ 掲示板 ・ レポート
28 5713 住友金属鉱山(株) 0.33 % チャート ・ 企業情報 ・ 掲示板 ・ レポート
28 7751 キヤノン(株) 0.33 % チャート ・ 企業情報 ・ 掲示板 ・ レポート
30 7202 いすゞ自動車(株) 0.32 % チャート ・ 企業情報 ・ 掲示板 ・ レポート
[PR]
by mikey2010 | 2006-09-29 16:58 | *_*投資データベース
歴代2位

 【ニューヨーク=小山守生】28日のニューヨーク株式市場は4日続伸し、ダウ平均株価(工業株30種)の終値は前日比29・21ドル高の1万1718・45ドルとなり、2000年1月14日の史上最高値(1万1722・98ドル)まであと4・53ドルに迫った。

 3日連続で歴代2位の高値水準を更新した。

 米企業業績が拡大を続けるとの見方を背景に買いが先行し、ダウ平均は一時、1万1728・46ドルまで上昇し、取引時間中としての史上最高値(1万1750・28ドル)にも接近した。しかし、その後は当面の利益を確定させるための売りに押され、取引中ベースでも最高値更新はならなかった。
(読売新聞) - 9月29日8時58分更新
[PR]
by mikey2010 | 2006-09-29 11:07 | *_*経済NEWS
 【ニューヨーク=小山守生】27日午前のニューヨーク株式市場は続伸し、ダウ平均株価(工業株30種)は一時、前日比51・38ドル高の1万1720・77ドルをつけ、
2000年1月14日に記録した取引時間中の史上最高値(1万1750・28ドル)まであと29・51ドルに迫った。

 1万1700ドル台に乗せたのは、約6年8か月ぶり。

 午前11時50分(日本時間28日午前0時50分)現在、同47・46ドル高の1万1716・85ドルで取引されている。

 原油価格や長期金利の低下が続き、企業業績などに好影響を与えるとの見方から、買いが優勢となっている。
(読売新聞) - 9月28日1時58分更新
[PR]
by mikey2010 | 2006-09-28 03:17 | *_*経済NEWS
若年層に広がる被害浮き彫りに
(RBB TODAY - 09月27日 19:21)

 ソフトバンクBBによって設立され、ブロードバンドの普及・啓発活動を行う有限責任中間法人ブロードバンド推進協議会は本日、「オンライン詐欺に関するユーザー調査」の調査結果を発表するプレスカンファレンスを都内で開いた。


 カンファレンスの冒頭で、今回の調査の監修にあたった千葉大学教授の坂田史郎氏は、「オレオレ詐欺」に対する法的措置は整いつつあるのに、「ワンクリック詐欺」に代表されるオンライン詐欺に対する政府のアクションが取られていないことを指摘した上で、「政府による具体的な法規制を早急に望む」と訴えた。


 今回の調査は、インターネットの一般的利用層を対象とする一次調査とオンライン詐欺の被害者を対象とする二次調査の2段階で行われた。一次調査は、Yahoo!リサーチモニターを通じて全国のインターネットユーザーを対象に7月11~13日の間に実施されたもの。有効回答数は1140。二次調査は、Yahoo!リサーチモニターを通じて全国のオンライン詐欺被害者に対して7月21~24日の間に行われた。有効回答数は479。

 なお、今回の調査ではワンクリック詐欺、フィッシング、オークション詐欺、不正請求メール、スパイウェアによる銀行・クレジットカード番号盗難での不正請求の5つをオンライン詐欺として定義している。

 予備調査では、仕事以外のインターネット利用時間が1時間を超えるユーザーが調査対象全体の7割を超えたほか、自宅にいる時間が長いシニア層と若年層のインターネット利用時間が長く、すでにインターネットが生活の一部として定着している様子をうかがわせる。

 セキュリティ対策の状況については、ほとんどのユーザーがWindows XPを利用しているにもかかわらず、無償・かつ半自動で行われるOSのセキュリティアップデートよりも、有償のウイルス対策ソフトを導入しているユーザーの方が多いという結果になった。また、女性と若年層ではセキュリティに関する知識の低さが目立ち、30代・40代の男性は企業でのセキュリティ教育が効果を上げているのか家庭でもセキュリティ対策を行っている割合が多かった。さらに、米国と比較したうえで、日本でのセキュリティ対策の遅れを指摘し、特にスパイウェア対策が米国の半分以下となる28.9%でしか実施されていないとした。

 オンライン詐欺に関する認知度では、回答者の70~90%近くが「オークション詐欺」、「フィッシング」、「スパイウェア」、「ワンクリック詐欺」、「架空請求メール」、60%強が「スパム」という用語を知っていると答えるなど高い認知度を示した。ただし、唯一、オンライン詐欺の中でも比較的新しい概念となる「ファーミング」のみ全体の6%というきわめて低い数字となった。30代・40代の男性は仕事以外でのインターネットの利用率が低い傾向にあるにもかかわらず、これらの単語に高い認知度を示していることから、企業内でのセキュリティ教育が一定の効果を上げていると考えられる。

 オンライン詐欺の被害については、全体の4.7%が実際に被害に遭ったとしている。パーセンテージで見ると被害率は低いと感じるかもしれないが、被害金額を試算すると累計総額1,304億円、中でももっとも被害金額が大きいオークション詐欺をのぞいても485億円という莫大な数字となる。

 被害にあったオンライン詐欺の種類は、オークション詐欺が46.1%ともっとも高く、28.9%で次点となるワンクリック請求詐欺の内訳は女性が23.4%、男性が34.5%。この男女差からワンクリック詐欺は主に男性が利用するアダルトサイトを中心に行われている詐欺行為だと予想できる。ワンクリック詐欺の被害回数では、15~19歳の50%、50歳代の35%が複数回以上の被害に遭っていた。

 オンライン詐欺における1回あたりの実害金額の平均は、カード番号盗難が9万3,756円、オークション詐欺が5万124円、フィッシングが2万7,389円、不正請求メールが2万5,134円、ワンクリック詐欺が1万5,373円。ワンクリック詐欺や不正請求メールなど実際に金銭の振り込みを行わなければ具体的な実害が発生しないオンライン詐欺についても、約半数が振り込みをしてしまって金銭的被害を受けている。ただし、30歳代ではワンクリック詐欺に引っかかっても72.4%が実際の支払いを行わず、メディアによる啓蒙活動や企業内でのセキュリティ教育の影響が見られた。

 オンライン詐欺の被害に遭った際に個人情報の盗難があったかの設問に対して、15~19歳の64.9%が「盗難はなかった」と認識している。また、15~19歳の59.5%がオンライン詐欺の被害を受けた後に「連絡・相談はしなかった」としている一方、15~19歳で「連絡・相談した」と回答しているうちの53.3%が「相談して注意することや今後の対策を教えてもらった」とし、相談することで必要な知識を学んだことがうかがえる。連絡・相談をしなかった理由としては、40歳代の60.4%が「無駄だと思った」と答え、比較的少額となりやすいオンライン詐欺の金銭的被害を勉強代としてとらえていると想定されるほか、15~19歳では平均の倍以上となる22.7%が「被害にあったことを知られたくないから」を選択し、羞恥心から要求された通りに支払いをしてしまうことで人知れず事態の収拾をはかろうとしたことがうかがえる。

 最後にまとめとして、オンライン詐欺の被害者は被害額の少なさから泣き寝入りする傾向があることを挙げたほか、15~19歳のインターネットユーザーは利用時間が長いにもかかわらず、セキュリティ教育が不十分でオンライン詐欺に引っかかりやすい傾向にあるため、若年層に対するオンライン詐欺についての周知が最重要課題であるとした。


トレンドマイクロ、2006年度上半期のウイルス被害レポートを発表。攻撃は悪質で多様に
秘密情報を盗む脅威が増加 ~シマンテック、セキュリティ脅威レポートを発表
スパイウェアが「入っていた」ユーザは14.9%~シマンテック調べ
オンライン詐欺の認知度は低い。シマンテックのアンケート結果
米Mozilla Foundation、Webブラウザー「Mozilla Firefox 1.0」をリリース
Copyright(C) 2006 IRI Commerce and Technology, Inc. All Rights Reserved
[PR]
by mikey2010 | 2006-09-27 20:40 | *_*社会・世相
将来は直接印字も開発予定
(毎日新聞 - 09月27日 20:01)

 日本卵業協会は27日、PRやイベントを手がける「サニーサイドアップ」(東京都渋谷区)と共同で、卵を広告媒体として使う日本初の「たまご広告」を11月に始めると発表した。卵一個一個の表面にシールを張ったり、卵パックにラベルを張る方法。将来は、卵の表面に直接インクジェット印字する方法も開発する予定という。広告主はサニー社が集める。

 国内では1日5300万個の卵が流通しており消費者が卵を目にする機会がきわめて多いことや、主婦層をターゲットにした広告を出しやすいことに着目した。市場規模は年間114億円と試算している。収益は卵の安心・安全に関するPRの費用にも使う。【位川一郎】
Copyright(C) 2006 毎日新聞社
[PR]
by mikey2010 | 2006-09-27 20:34 | *_*経済NEWS

(毎日新聞 - 09月27日 14:31)

郊外型「ガスト」に比べ首都圏型「Sガスト」は規模が小さい=東京都千代田区で、内藤絵美写す

f0079378_19271944.jpg
 東京の駅前繁華街などで、ラーメン店程度の広さの小規模な外食チェーン店を見かけるようになった。大規模店舗が多かったレストランチェーンの「ダウンサイジング」。背景には何があるのか。【太田保馬】

 地下鉄神保町駅(東京都千代田区)から徒歩数分ほどの繁華街にある中華料理の外食チェーン「Sバーミヤン」。店内はカウンターとテーブルを合わせて38席しかない。定食は690円から。490円の酢豚などおつまみにできる単品もあり値段は手ごろだ。夕方、女性が1人で来店し食事とともにビールやサワーを注文することも多いという。斉藤千秋店長は「お一人の女性は次にお友達と来店することが多く、大切です」と話す。

 Sバーミヤンを経営するファミリーレストラン最大手のすかいらーく(本社・東京都武蔵野市)は、ほかにハンバーグなど洋食中心の小規模店Sガストも展開している。既存のファミリーレストランは80~100席で、駐車場を含めて660平方メートル程度の用地がいる。一方、Sガストは最低15席、50平方メートル程度とコンパクトな店構えだ。出店経費も、従来型の約6000万~6500万円に対し、小型店は3000万~3500万円と半分程度に抑えられる。

 サントリー系のプロントコーポレーション(本社・東京都港区)は7月、東京・渋谷に新しい形態の小型店をオープンした。従来はオフィス街を中心に100平方メートルほどの店を展開していたが、新店は場所が渋谷という繁華街で、面積も約4割小さい66平方メートルだ。

 究極の小規模店をこの冬に出そうと計画しているのは、ペッパーフードサービス(本社・東京都墨田区)。施設は5平方メートル程度の可動式厨房(ちゅうぼう)、仮設のベンチとテーブルだけ。デパートの屋上やイベント会場で「出張営業」するなど屋台感覚の店だ。

 すかいらーく広報担当リーダーの鈴木誠さんは「武器を増やしていく戦略の一環」と言う。従来型店舗の弱点だった都心の駅前などへの出店を積極的に展開。将来的には地方の中心都市にも広げる予定だ。プロントの早川浩史取締役は、今後1年間でこのタイプの店を50店舗程度にしていくと話し、いずれも出店意欲は旺盛だ。

 こうした動きの背景には、都市部の家庭で食事の仕方が変化していることがある。レストランチェーンなどの業界団体「日本フードサービス協会」の千葉国雄広報室長は「働く主婦がいる家庭や単身世帯では、自宅で調理することが加速度的に減少し、外食の機会が増加。それに伴いレストランチェーンへのニーズが多様化している」と説明する。それに対応しようと各チェーンがさまざまな店舗形態やメニューを開発する中で、小型店が注目されているのだという。

 「景気回復」を理由に挙げるのは外食産業に詳しい、いちよし経済研究所の鮫島誠一郎・主任研究員。「企業の求人需要の高まりで、都心ではアルバイトの絶対数を確保できなくなっていて、大規模店では人手不足のリスクがある。また、大規模店が立地できる物件は地代や家賃が上がっており、利益を出すための損益分岐点が高くなっている。だから企業は多様な実験店を出してみて、ヒットすれば数を増やすという、機動性重視の経営にシフトしている」と分析している。
Copyright(C) 2006 毎日新聞社
[PR]
by mikey2010 | 2006-09-27 19:27 | *_*企業NEWS
 携帯電話やカードを端末にかざすだけで少額の代金支払いができる小口決済サービスの4陣営は26日、現在は規格が異なる読み取り端末を来春にも共通化することで合意した。

 27日に発表する。4陣営の会員延べ約4000万人が使えることになり、携帯・カードの小口決済サービスの普及に弾みがつきそうだ。

 規格を共通化するのは、ソニーを軸としたビットワレットの「Edy(エディ)」(会員数2100万人、加盟店4万3000店)、JR東日本が運営する「Suica(スイカ)」(同1750万人、8300店)、NTTドコモの「iD(アイディ)」(同75万人、5万店)、ジェーシービー(JCB)やトヨタファイナンスなどが手がける「QUICPay(クイックペイ)」(同7万人、1万店)。JR東とNTTドコモが読み取り端末を共同開発、その後、他の2規格も使えるようにする計画だ。
(読売新聞) - 9月27日10時39分更新
[PR]
by mikey2010 | 2006-09-27 19:23 | *_*企業NEWS

2006.09.27

日経平均、1万5900円回復=米株高、新内閣期待で急反発-東京株式

 27日の東京株式市場は、前日の米国株高や安倍新内閣の改革への期待を背景にほぼ全面高の展開となり、日経平均株価の終値は前日比390円42銭高の1万5947円87銭となった。終値で1万5900円台を回復したのは、9月14日以来約2週間ぶり。
 東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)も同41.63ポイント上昇の1591.04と4日ぶりに大幅反発。出来高は15億3943万株、売買代金は2兆0525億円だった。 
(時事通信) - 9月27日17時1分更新
[PR]
by mikey2010 | 2006-09-27 19:22 | *_*投資Diary