闘うサラリーマンことmikeyが興味を持つものが日々綴られてゆく情報ポータルブログです。2010年のセミリタイアライフを目指し日々奮闘中!さらなる出会いを求めてミクシィ始めました。ミクシィネイムはmarioです。


by mikey2010
カレンダー

<   2006年 03月 ( 141 )   > この月の画像一覧

アパマンショップ

本日 アパマンショップ
62,000円で約定致しましたぁ

株式分割後のお手軽株価を狙い撃ち!

さぁ~上がれ!
[PR]
by mikey2010 | 2006-03-31 21:31 | *_*雑記帳

セブン銀行

イートレード証券がセブン銀行と提携してるようなので、
今日、新規口座
申し込もうと思いました。

そっこう 動きますっ!
[PR]
by mikey2010 | 2006-03-31 21:11 | *_*雑記帳
 日本郵政公社は31日、郵便貯金のうち、預け入れ期間が1年以上の定期貯金などについて、4月3日から利率を引き上げると発表した。

 民間銀行で金利の引き上げが相次いでいることを受けた措置で、郵貯の金利引き上げは2000年8月以来、5年7か月ぶりだ。主力の定額貯金についても来週以降、利率改訂を検討する。(読売新聞) - 3月31日20時17分更新

More
[PR]
by mikey2010 | 2006-03-31 21:05 | *_*投資信託・債券
「団塊の世代」のサラリーマンが、2007年から10年ごろにかけて、一斉に定年を迎える。その数、ざっと300万人。彼らは退職金をほぼ満額受け取れ、総額は80兆円にも達すると言われる。持ち家はバブル以前に取得。住宅ローンや教育費負担からも解放され、年齢的に親の遺産が転がり込む時期でもある。定年ラッシュで、金融資産ン千万円の“プチ富裕層”が続出することも予想される。団塊世代の巨額マネーの争奪戦が始まろうとしている。
(YomiuriWeekly2004年12月19日号より)

More
[PR]
by mikey2010 | 2006-03-30 22:13 | *_*経済NEWS
 電通は30日、2007年から始まる団塊世代(1947~51年生まれ)の大量退職に伴う経済波及効果が約15兆3233億円に達し、国内総生産(GDP)を0・6%引き上げるとの試算を発表した。

 首都圏在住の団塊世代計400人に実施したインターネット調査をもとに試算した。消費を直接押し上げる効果は7兆7762億円で、別荘購入や住宅リフォームなどの不動産関連費が4兆924億円と過半を占めた。語学や資格取得、趣味など学習関連支出が1兆1965億円、海外・国内旅行が1兆1160億円、株式や投資信託などの金融商品購入が6755億円などとなっている。
 ただし、ビジネススーツや通勤交通費、接待費などの需要減といったマイナス効果は今回の調査では対象としていない。
(読売新聞) - 3月30日20時7分更新
[PR]
by mikey2010 | 2006-03-30 21:49 | *_*経済NEWS
■ ドル急落、116円台後半=調整売り続く〔東京外為〕(27日午後5時)

27日の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、国内機関投資家や海外投機筋の売りに押され急落した。午後5時現在、1ドル=116円67-70銭と前週末(午後5時、118円04-07銭)比1円37銭の大幅ドル安・円高。

FOMCを控え、朝方は小動きで始まったものの、「国内機関投資家や輸出企業などから大口のドル売り・円買いが出た」(英系銀行)ため、ドルが急落。その後も「低金利の円を売り、豪ドルやNZドルなどの高金利通貨で運用していた海外投機筋がポジション調整を活発化させた」(大手邦銀)といい、ドル円も一段安となり、一時1週間ぶりの安値となる116円41銭を付けた。

市場では、次回5月での米利上げをいったん織り込んだものの「直近の米経済指標で利上げ打ち止めへの警戒感が出て、ドル買いポジションの調整が進んだ」(信託銀)との見方が複数聞かれた。ただ「日米欧が金融引き締め局面を迎え、今後は円売り・高金利通貨買いの円キャリートレードの解消が出やすくなる」(米系銀行)と警戒する声も出ている。

ユーロは午後5時現在、1ユーロ=1.2041-44ドル(前週末同1.1963-66ドル)、1ユーロ=140円51-55銭(同141円24-28銭)。
[ 2006/03/27 17:07 配信 ]
[PR]
by mikey2010 | 2006-03-27 20:57 | *_*為替
 団塊の世代の定年や少子高齢化の進展で、労働力人口の減少が見込まれるなか、企業に六十五歳までの雇用を義務付ける改正高年齢者雇用安定法が四月一日に施行される。多くの企業では退職・再雇用による対応を整えており、意欲と能力のある高齢者の雇用を六十五歳まで確保して、“生涯現役社会”実現への第一歩が踏み出される。
 改正法は男性の老齢厚生年金(定額部分)の支給開始年齢が段階的に六十五歳まで引き上げられることを受け、六十代前半が「収入空白期間」になることを避けるため、企業に雇用延長を義務付けるものだ。
 具体的には、十八年度は六十二歳までの雇用を義務付け、十九年度に六十三歳、二十二年度には六十四歳まで順次、引き上げていく。同年金が六十五歳からの支給になる二十五年度には、雇用もあわせて六十五歳までとする。
 雇用延長は(1)定年の廃止(2)定年延長(3)退職・再雇用-のいずれかとなる。厚生労働省が、従業員三百人以上の企業一万二千二十社の取り組み状況を今年一月一日時点で調査したところ、すでに対応済みを含め93・6%の企業は退職・再雇用の対応と答えた。定年廃止は0・5%、定年引き上げは5・9%だった。
 厚労省は「各企業が経営や労使慣行の実態にそって、最適な制度を選択した結果」とみる。ただ、再雇用制度は原則、希望者全員を対象とするが、労使で策定した一定の選定基準のもとに再雇用者の選別は可能で、「対象者の約六割が再雇用を希望したが、うち一割がはじかれた」(東正元・トヨタ労組委員長)との事例もある。
 このため、改正法は企業に対し、再雇用がかなわなかった人の職務経歴や技能や知識などを記載した求職活動支援書を、作成して渡すよう義務づけている。
 また、選定基準の策定が四月に間に合わない企業は経過措置として、就業規則に基準を定めて対応することも認められている。
 厚労省では、六十五歳までの雇用延長を定着させたうえで、今後は六十五歳を超えてなお就労意欲のある人についても、ハローワークを通じた求人開拓など、再就職支援にも乗り出す考えだ。
(産経新聞) - 3月27日2時40分更新
[PR]
by mikey2010 | 2006-03-27 20:39 | *_*法律・訴訟・トラブル
http://www.meigensyu.com/
[PR]
by mikey2010 | 2006-03-27 20:37 | *_*雑記帳

ブログパーツをさがせ

http://satokoto.blog10.fc2.com/
[PR]
by mikey2010 | 2006-03-27 20:35 | *_*雑記帳

消費者金融業者あれこれ

まだお世話になったことのない業界なんですけど、かなり興味ある世界かなww
多数の会社が3/31まで限定の金利優遇のキャンペーンを打ち出してます。なんでかな?

アイフル

アコム株式会社

アットローン

イコール・クレジット

キャッシングのアエル

クオークローン

三和ファイナンス

武富士

株式会社プリーバ

プロミス

モビット

ユアーズ

ライブドアクレジット

楽天KCカード

GMOネットカード

Mail Loan

NOLOAN
[PR]
by mikey2010 | 2006-03-26 22:55 | *_*投資信託・債券