闘うサラリーマンことmikeyが興味を持つものが日々綴られてゆく情報ポータルブログです。2010年のセミリタイアライフを目指し日々奮闘中!さらなる出会いを求めてミクシィ始めました。ミクシィネイムはmarioです。


by mikey2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:*_*中国・アジア( 3 )

北京五輪関係で2億ドル受注


 【北京16日時事】米複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)は16日、2008年の北京五輪に関係するインフラ整備事業で、これまでにグループ全体で計19件、総額2億0600万ドル(約248億円)相当を受注したと発表した。
 GEによると、五輪関連で入札を実施したプロジェクトは全体の30%以下にとどまっている。GEは「世界的な成長戦略を遂行する上で、五輪への参加は不可欠」として、積極的に応札し、五輪関連の売上高7~8億ドルを目指す方針。 

時事通信/最終更新:1月16日17時0分

北京五輪 GEが247億円受注 照明設備など19件


 米複合企業のゼネラル・エレクトリック(GE)は16日、2008年開催の北京五輪に関連するインフラ整備で照明設備や、エネルギー施設、水処理など、グループ全体で合計19のプロジェクトを総額2億600万ドル(約247億円)で受注したと発表した。

 19件のうち、メーンスタジアムの国家体育場では送電システムと照明装置、国家競泳センターには競技用照明装置をそれぞれ受注。五輪組織委員会(BOCOG)ビルに照明装置、セキュリティー関連設備として爆発物探知を可能にする中国初の手荷物検査装置を北京空港で建設中のターミナル3に納入した。地下鉄1号線からは火災警報などを納入したという。

 GEでは北京五輪関連で、これまでの受注分も含め、最終的に総額7億~8億ドルの受注をめざしているといい、五輪“参加”以外にも環境問題の解決策も提供したい考え。(佐竹一秀)

1月17日8時32分配信 フジサンケイ ビジネスアイ



うーん、そーだな

お金が今、どこに流れているのか?
      
    これから、どこへ流れていくのか?

これを考えないといかんね。

うん、考えないとな。
[PR]
by mikey2010 | 2007-01-17 19:31 | *_*中国・アジア
 [北京 16日 ロイター] 北京市当局が、2008年のオリンピックを控え、今年中に北京近郊にある1000カ所の公衆トイレを改装する計画であることがわかった。国営メディアが16日に伝えた。
 新華社によると、当局は、悪臭を放つと指摘されていた路地裏にあるトイレの消毒や消臭にも努めるという。
新華社は、市当局責任者の話として「全てのトイレは清潔で節水が考慮され、効率的な換気装置が据付けられたものになる」と伝えている。
また、新華社によると、昨年末までに市内にある5580カ所以上の公衆トイレは「近代的な水準」に達したものの、どこからでも歩いて5分以内に公衆トイレを確保するとの同市の目標はまだ達成できていないという。
この問題を解決するため、北京市行政当局は、より多くのトイレを設置するとともに「約3000の商業ビルにトイレの一般開放を要請する」としている。

ロイター/最終更新:1月17日8時45分


オリンピック特需を受ける企業は多種多様だわ。

中国投資、中国投資!
[PR]
by mikey2010 | 2007-01-17 19:29 | *_*中国・アジア
【北京 11日 ロイター】1月13日 15時17分

 アンケートによると、中国の高校生の半数以上が、「一夜限りのセックスに対して何も(悪いことだと)感じない」という。さらに女子の多くは、「ボーイフレンドにセックスを迫られたら断らない」と回答した。

 北京の下町、宣武の高校で昨年実施されたこのアンケートには2300人が参加。そのうち6.2%が「すでに性体験あり」と答え、初体験の平均年齢は15歳であったことを中国日報が伝えた。この結果は教育関係者に衝撃を与えた、と同新聞は報じた。

 これに関わった、首都師範大学の張美美教授は「新世代の若者たちはセックスについて寛容な考え方をしています」と語る。さらに張教授は「この、移り変わりの速い社会で生活している結果と言えるでしょう」と続ける。

 中国は伝統的に禁欲主義が神聖化されている。共産党は表向きには清教徒的であるが、30年に及ぶ市場改革の結果、都市部を中心により反抗的で多様性に満ちた若者文化が生まれている。

 「ボーイフレンドにセックスを迫られたら応じるか?」という質問を聞かれた1300人の女子のうち、はっきりと、「いいえ」と答えたのはわずか6人。「応じる」と答えた参加者に最も多かった理由が「私を愛しているのであればオーケーよ」というものだった。また、200人の回答者(男子・女子両方を含む)は、「機会があれば、一晩限りの関係も持つ」と答えた。

 セックスに対するこのようなリベラルな考え方により、セーフ・セックスへの懸念の声が上がっている。中国日報によると解答者の4割が初体験の時に避妊をしなかったという。同新聞は、毎年中国本土で150万件の中絶手術が行われ、その4分の1は未成年の少女たたちが受けているとし、10代の妊娠が増加傾向にあることを明らかにした。


先進国化すると、こういった傾向になるんじゃないでしょうかね。

経済成長が目覚しい中国は、
若者意識もどんどん変わっていくんだね・・・
[PR]
by mikey2010 | 2007-01-17 19:11 | *_*中国・アジア