闘うサラリーマンことmikeyが興味を持つものが日々綴られてゆく情報ポータルブログです。2010年のセミリタイアライフを目指し日々奮闘中!さらなる出会いを求めてミクシィ始めました。ミクシィネイムはmarioです。


by mikey2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:*_*金融( 10 )

金利上昇、需要増に期待

 東京金融先物取引所は26日、日銀が金融政策の目標としている翌日物の短期金利を対象とした先物取引を、早ければ年内にも上場する方針を明らかにした。日銀が2月に追加利上げし、今後も金利上昇が見込めるため、日銀の金融政策を予測して取引する先物の需要が高まると判断した。
 翌日物金利は、金融機関同士が無担保で融資した資金を翌営業日に返済する際の金利で、「無担保コール」と呼ばれる。日銀はこの金利の誘導目標を上下させて金融政策を行っている。同取引所が扱うのは、翌日物金利の数カ月先の月間平均値を予測する先物取引。主に金融機関の売買を見込んでおり、例えば8月に利上げされるとの見方が強ければ、その月の先物金利が上がる。
 国内では、翌日物金利の先物と3カ月物などの固定金利を交換する金融派生商品が相対で取引されている。ただ、翌日物金利は変動が少なく、取引高は1日数兆円で、そう多くなかった。ただ、景気回復で金利上昇が今後も続くことが予想されるため、需要が見込めるという。
 取引所で取引されるようになれば、他の金利との金利差を利用して利ざやを稼いだり、金利変動リスクを回避する取引が増え、短期金融市場に厚みが増す。いつ日銀が金融政策を変更するかについての市場参加者の見方がより鮮明になり、日銀にとっては「市場との対話」を進める目安にもなりそうだ。【山本明彦】

3月27日3時1分配信 毎日新聞
[PR]
by mikey2010 | 2007-03-27 05:34 | *_*金融
 消費者金融大手のアコムは25日、地方銀行などと提携している消費者ローンの滞納者に対する遅延損害金を消費者契約法の利率(年14・6%)以下に引き下げると発表した。アコムはこれまで消費者契約法の利率を上回る年17~26%を適用してきたが、同法に抵触するとの指摘を受けていた。
 アコムは「消費者保護に対する機運の高まりを受け、かねて見直しを検討していた」と説明しており、社内のシステム対応が整い次第、引き下げを実施する。消費者契約法に抵触するとの指摘については「現在の請求利率は利息制限法(上限年29・2%)に則しており、違法であるとは認識していない」と強調、批判を受けての措置ではないとしている。
 同社は地銀など14社と消費者ローンで提携。借り手の返済が滞った場合、残金をアコムが立て替え払いしたうえで回収業務を引き継ぎ、遅延損害金を上乗せして請求する保証委託契約を結んでいる。このうち10社との契約で遅延損害金の利率を年17~26%に設定している。【赤間清広】
(毎日新聞) - 9月25日12時14分更新
[PR]
by mikey2010 | 2006-09-25 18:27 | *_*金融
 預貯金口座を使わずに現金を持ち込んで振り込む場合、本人確認が不要な上限額を10万円に引き下げる関連政令案が19日、閣議決定された。来年1月4日に施行する。

 施行以降は、10万円を超える現金を振り込もうとする場合、ATM(現金自動受払機)は使用できず、窓口で運転免許証などを示し、本人確認を受ける必要がある。現金ではなく口座から振り込む場合は口座開設時に本人確認が済んでいるため、引き続きATMが使用できる。現在は200万円が上限だが、資金洗浄やテロ組織への資金流出を防止するため規制を強化する。
(毎日新聞 - 09月19日 12:51) 【清水憲司】
[PR]
by mikey2010 | 2006-09-20 01:37 | *_*金融
 貸金業の規制強化問題で自民党は12日、少額・短期融資への特例高金利を金融庁案の年28%から25%程度に引き下げる方向で検討に入った。金融庁案に対し「出資法の上限金利とほぼ同じ水準の高金利が長期間にわたり維持される」との批判が高まったことを受け、引き下げない限り世論の支持が得られないと判断した。
(毎日新聞) - 9月12日23時18分更新
[PR]
by mikey2010 | 2006-09-12 23:23 | *_*金融

特例高金利2年短縮

貸金業規制法改正決着へ

 自民党と金融庁は9日、貸金業規制法の改正案について、少額・短期の融資に限って認める特例高金利の期間を金融庁案の5年間から3年間へ、2年短縮することで合意した。

 特例高金利の期間短縮以外は金融庁案に沿って決着する方向となった。自民党は11日の合同部会で最終的な議論を行う。

 金融庁案は、出資法の上限金利(年29・2%)を利息制限法の上限金利(年15~20%)まで、3年間の猶予期間を設けた上で引き下げ、上限金利間のグレーゾーン(灰色)金利を廃止することが柱だ。引き下げ後、最長5年間、少額・短期の融資に限って年28%の特例高金利を認めるとした。これに対し、多重債務問題に取り組む弁護士などから批判の声が高まり、7日の自民党の合同部会でも「灰色金利の実質的な温存だ」といった指摘があった。
(読売新聞) - 9月10日11時29分更新
[PR]
by mikey2010 | 2006-09-10 23:55 | *_*金融
 消費者金融の規制強化問題で金融庁は、返済期間が長期化し、借金が雪だるま式に増える元凶になっているとの指摘がある「リボルビング返済」について、毎月の最低返済額のルールを業界団体の貸金業協会に策定させる案を自民党に提示した。また、経過措置として少額短期の融資に対する特例金利は28%まで容認する。業界側に配慮した内容で、5日に再開する自民党貸金業小委員会では、規制強化を求める声が強まりそうだ。
 リボ返済は、月々の最低返済額をあらかじめ決めておく借金の分割返済方法。返済額が小さく見えるため、多くの消費者金融会社が採用しているが、
▽負担が軽いように感じるため、追加借り入れを助長
▽返済が長期化しやすい――
など、多重債務問題の大きな原因の一つになっている。

 多重債務問題に取り組む消費者団体や弁護士らは、リボ返済の期間を2年に制限するなど、規制を強化するよう求めていた。だが、金融庁案は、毎月の最低返済額などについては業界団体が自主ルールを設けるよう求めるにとどまり、法令による規制にまでは踏み込まなかった。
【坂井隆之、清水憲司】(毎日新聞) - 9月5日3時10分更新
[PR]
by mikey2010 | 2006-09-06 01:51 | *_*金融
<金融庁> 1月にも定例検査
 金融庁は23日、消費者金融大手のアコムに対し、貸金業規制法に違反した貸し出しをしていた疑いがあるなどとして立ち入り検査に入った。同社には今年1月にも定例の検査を行っている。同庁は消費者金融会社の法令順守態勢について検査強化の方針を打ち出しており、違法行為があれば厳しい行政処分を行う可能性がある。(毎日新聞)
[PR]
by mikey2010 | 2006-08-23 23:58 | *_*金融

プレミス

プレミス
住所:東京都渋谷区幡ヶ谷3
直通:03-3530-1814 / 03-5350-3884
フリーダイヤル:0120-552-287
貸金業登録番号:東京都知事(1)第29589号
[PR]
by mikey2010 | 2006-08-22 04:52 | *_*金融

いづみ企画

いづみ企画

<所在地> 東京都板橋区坂下3-21-8
<貸金業登録番号> 東京都知事(2)第24032号
<フリーダイヤイル> 0120-469-913
<審査部直通> 03-5640-3561
<代表> 03-5414-1197
[PR]
by mikey2010 | 2006-08-21 09:50 | *_*金融

新洋信販キャシュマート

http://www.4448.jp/index.html
[PR]
by mikey2010 | 2006-08-18 11:11 | *_*金融