闘うサラリーマンことmikeyが興味を持つものが日々綴られてゆく情報ポータルブログです。2010年のセミリタイアライフを目指し日々奮闘中!さらなる出会いを求めてミクシィ始めました。ミクシィネイムはmarioです。


by mikey2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:*_*投資Diary( 122 )


買い一巡後に上値重く、平均株価、TOPIXともに小幅続落=東京株式市場・25日後場

 25日後場の東京株式市場では、買い一巡後に上値の重い展開となった。225先物に大口買いが入り、裁定買いに平均株価は午後1時15分に1万5691円06銭(前週末比56円39銭高)まで浮上。その後は戻り売りに押される形で小幅安に転じた。推測ながら、現物マーケットで225型のクロス取引注文ミスからTOPIX型に売り注文が出され、自動裁定のTOPIX先物売りに波及。その後、225先物への買い戻しが強まり、現物株指数を一時的に押し上げたとの見方が出ていた。ただ、需給の変調を見極めたいとの空気から、引けにかけ買い手控え状態となった。市場では、「憶測の範囲だが、発注ミス後の一時的な先物買いを除けば、中身のない相場。需給、チャートとも先が読めず、楽天の急落を見ると買いの手は出せない」(中堅証券)との声が聞かれた。
 平均株価は終値で前週末比86銭安の1万5633円81銭、TOPIXも同3.82ポイント安の1559.78ポイントと両指数ともに小幅ながら続落した。東証1部の騰落銘柄数は値上がり826、値下がり746。出来高は15億5312万株。売買代金は2兆736億円。東京外国為替市場では、1ドル=116円台前半(前週末終値は116円40銭)で取引されている。
 4月高値の信用期日を控え、三菱UFJ、三井住友、みずほなどの大手銀行株が停滞し、野村、三菱UFJ証、いちよし、松井証などの証券株もさえない。延滞金の高利請求が伝えられたアコムや、武富士、プロミス、三洋信販など消費者金融株に売りが継続し、菱地所、三井不、住友不、ゴールドクレ、クリードなどの不動産株も軟調に推移した。住友鉱、同和鉱、東邦鉛、住友チタなどの非鉄金属株や、新日鉄、住金、神戸鋼などの鉄鋼株も下げ基調。主力ハイテク株では、TDK、京セラ、キヤノン、アドバンテスが上昇した半面、ソニー、ファナック、イビデン、エルピーダなどは安い。ソフトバンク、ヤフーも小甘い。個別では、今3月期連結業績予想を下方修正した黒田電が上場来安値圏で推移し、値下がり率トップのまま。今3月期連結予想で一転減益のマースエンジ、今3月期連結予想で最終78%減益のクラリオンや、GMO、総合メディ、丸善なども安い。
 半面、JR東海が上場来高値圏で推移。10月1日に経営統合する阪急HDと阪神は、グループの阪急百と阪神百(非上場)との業務提携もあり、買いが継続した。京急、小田急も強含むなど電鉄株が堅調。NTT、KDDIなど情報・通信株の一角も上値を追った。食品株では、ヤクルトが年初来高値を保ち、アサヒ、丸大食、養命酒なども引き締まった。個別では、ゴールドマン証が新規に「強い買い推奨」、目標株価60万円でカバー開始のカカクコムが前場ストップ高後に同値比例配分となり、値上がり率トップを維持。UBS証が新規にレーティング「Buy2」、目標株価850円でカバー開始のケミファ、大和総研がレーティングを「2」に引き上げた住友林や、アドヴァン、アルゴグラ、TISなども高い。

[ 株式新聞速報ニュース/KABDAS-EXPRESS ]
提供:株式新聞社
[PR]
by mikey2010 | 2006-09-25 18:35 | *_*投資Diary
7201 日産
7751 キヤノン
2811 カゴメ
5202 日本板硝子
2914 JT
4346 ネクシーズ
[PR]
by mikey2010 | 2006-08-24 10:21 | *_*投資Diary