闘うサラリーマンことmikeyが興味を持つものが日々綴られてゆく情報ポータルブログです。2010年のセミリタイアライフを目指し日々奮闘中!さらなる出会いを求めてミクシィ始めました。ミクシィネイムはmarioです。


by mikey2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2007.01.31 の収支



Lv.17
このブログは、数年後にセミリタイアライフを実現すべく毎日を戦うリーマンことmikeyの奮闘記!   おかげさまで2006年2月に開設以来、16,000名の方にご訪問いただきました。   この場をかりて、みなさまに感謝申し上げます。   とても自己中なブログですが、世の中に溢れる数々の情報の中から、私、mikey の五感にビビッとくるものをガンガン!アップしつつ、この現代社会をお得に賢く生きる術を模索しています。   

2007.01.31 の収支


株式
+,円

日経225
+,円

eワラント
+,円

FX(外国為替取引)
+円

本日の収支
+,円 平均収支 186,018円〔006日目〕
*_*細~く、長~く このペースを続けていければ良し!

*_*2/01こそは高値トライか!?








マーケット概況 決算発表予定カレンダー

マーケット概況
2007年 1月31日(水) 15時51分

値下がり銘柄数1200超、平均株価は106円安と3日ぶり反落


 31日後場の東京株式市場では、広範囲に売られ、軟調展開となった。株価指数先物に大口売りが断続的に出て現物株に波及し、平均株価は午後1時5分に1万7275円84銭(前日比214円35銭安)まで下げ幅を拡大。その後は買い戻しや、押し目買いに切り返し、前場終値を若干上回る水準で引けた。ただ、値下がりは1225銘柄(値上がり399銘柄)と前引け段階よりも100銘柄以上増加した。主要企業の決算発表や、今晩のFOMC(米連邦公開市場委員会)結果、米第4四半期GDP(国内総生産)など重要イベントを控え、見送りムードに傾いた。不正会計問題に揺れる日興コーデ(監理ポスト)に売りが殺到し、高水準の裁定買い残に伴う裁定解消売りに対する警戒感も心理的な重しとなった。  市場では、「FOMCでインフレ警戒が強まるかどうかが気になるが、国内マーケットはあくまでも微調整。決算に対する信頼性を失った訳ではなく、上昇相場はキープされている」(準大手証券)、「クレディ・スイス証券がきのう225先物、TOPIX先物で合計1万枚超の買い越しとなった理由は分からないが、観測ベースできょうは枚数をさばきにいっている感じだ」(中堅証券)との声が聞かれた。平均株価は終値で前日比106円77銭安の1万7383円42銭と3日ぶりに反落した。出来高は21億2831万株。売買代金は2兆8794億円。東京外国為替市場では、1ドル=121円台前半(前日終値は121円91銭)で取引されている。  07年3月期連結業績で一転減益見通しの帝人をはじめ、東レ、三菱レ、クラレ、日清紡など繊維株に売りが継続し、東証の業種別株価指数で繊維は値下がり率トップ。三菱倉、住友倉、三井倉、上組、郵船航空、近鉄エクスなど倉庫・運輸株も軟調に推移した。関西電、中部電、北海電、Jパワーなどの電力株もさえない。商船三井、郵船、川崎汽、乾汽船などの海運株にも利益確定売りが続いた。トヨタ、ホンダ、日産自などの自動車株も停滞。中でドイツ証が目標株価を720円に引き上げたいすゞは昨年来高値を切り上げた。06年4~12月期連結決算で営業33%減益のソニーや、京セラ、キヤノン、エルピーダなど値がさハイテク株の一角は停滞。証券株では、不正会計問題で組織的な法令違反行為が指摘された日興コーデ(監理ポスト)がストップ安比例配分となり、値下がり率トップ。三菱UFJ証、新光証、いちよしなども甘い。個別では、07年3月期連結利益予想の下方修正を受け、きのうストップ安比例配分の日本調剤が大幅続落し、昨年来安値を切り下げた。06年12月期連結で一転減益見通しのオエノンHD、06年12月期連結で経常赤字26億円の西友、07年3月期連結業績予想を下方修正したワコールHDや、Olympi、コナカ、関電工なども安い。  半面、NY原油先物高を受け、石油資源、国際帝石、出光興産、AOCHDなどの石油関連株が堅調。メリル日本証が目標株価を750円に引き上げた新日鉄や、神戸鋼がジリ高歩調となり、JFE、東製鉄も上げに転じるなど鉄鋼株が買い直された。ゴールドマン証が投資判断を「買い推奨」に引き上げたOSG、UBS証が目標株価を5000円に引き上げたマキタや、ユニオンツル、日立建機、ホソミクロンなどの機械株も引き締まった。ヤフーはさえないが、ソフトバンクは上げに転じた。個別では、07年1月期連結業績予想を上方修正したバルスが前場ストップ高後に同値比例配分となり、値上がり率トップを維持。第3四半期連結で大幅増収増益のCKDや、アルテック、エコナック、大崎電なども高い。  [ 株式新聞速報ニュース/KABDAS-EXPRESS ]




[PR]
by mikey2010 | 2007-02-01 13:47 | *_*投資Diary