闘うサラリーマンことmikeyが興味を持つものが日々綴られてゆく情報ポータルブログです。2010年のセミリタイアライフを目指し日々奮闘中!さらなる出会いを求めてミクシィ始めました。ミクシィネイムはmarioです。


by mikey2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2006年11月 9日(木)

銀行、証券、不動産といった内需関連の弱い動きが目立ち

 日経平均は小幅下落。17.17円安の16198.57円(出来高概算16億5500万株)で取引を終えている。8日の米国市場は、米中間選挙通過による不透明感払拭からNYダウ、ナスダックともに続伸。この流れに加えて昨日全面安の反動もあり、日経平均は小幅ながら上昇して始まった。その後、TOPIXが1600Pを回復する動きをみせたこともあり、日経平均も一時16286.26円まで上昇している。しかし、明日にオプションSQを控えていることもあってか動きづらく、またテクニカル的なリバウンドの域を脱せない状況の中、膠着感の強い相場展開となっている。後場に入ると昼のバスケットで売り決め優勢であった影響もあり下げに転じると、その後もじり安基調が続いた。
 みずほFGが直近安値を割り込むなど、銀行、証券、不動産といった内需関連の弱い動きが目立ち、日経平均は一時16094.49円と16100円を割り込む場面をみせている。大引けにかけては先物市場での買い戻しの動きもあって下げ幅を縮めているが、TOPIXの戻りは鈍い。東証1部の騰落銘柄は、朝方こそ値上がり値下がりが拮抗していたが、次第に値下がりが増えており、値上がり469に対して値下がり1130、変わらず107と値下がり数が全体の7割近くを占めた。TDK、キヤノン、京セラ、トヨタなど国際優良株の一角が堅調なほか、セクターではKDDI、ソフトバンクなど通信の一角や海運がしっかり。また、好決算銘柄をピンポイントで物色する流れは継続している。
【株式会社フィスコ】
[PR]
by mikey2010 | 2006-11-10 01:04 | *_*投資Diary